コツンしたかもしれないJKホールディングス(東証一部:9896)がこれから上がるんじゃないかと思ったシナリオ

今日チャート(週足)を見てて気になったのが、このJKホールディングス

で、何が気になったのかというと

「コツン」したかもってこと

430-450辺りがコツンラインで、正直に言えばこれ以上下げることはあんまり考えにくいんですよね

なぜなら、業績も悪くない(今回経常益は下がってても、むしろ売る力はちゃんとある)わけで

下げてきてるのも上がり過ぎてたから下がって、そこから下げが下げを呼んだっていう単純な理由な気がする

日足で見ると、わかりやすいんやけど

まず、高値辺りの2018年7月後半~9月でインした人(①)が

12月後半あたりで耐えきれんくなって売りつくしてしまう(②)

売りが枯れてそこから上げる(③)

で、

トレンド転換やと思ってインした2月組の売り決済で下げ始める(④)

それに乗じて売りで入った人が登場(④)

その後、
その時期に信用買いの方々
が強制決済でもある半年後(6か月後)でもある8月に合わせて(?)
昨対同時期では悪い決算が出る
そんなこんなで、売りが売りを呼ぶ状態(⑤)

その後は、もちろん売り枯れによる下げ止まり

売りで入った人の買い決済も入って上がる(⑥)

それが、9月前半の上げ

で、一旦冷却期間が来たのが9月後半(⑦)

ということは、

10月は売る人はあまりいない

業績もそもそも悪くない

コツン

上昇への転換

で、ここから一旦500近くまでは下げて
そこからぴょんぴょんで上げる

というのが個人的なシナリオ

出来高も増えてきてるしね

600超えて、

その後、たたかれてチョイ落ちした後、700を目指す感じかな